ご宴会・会議
ホテルセントノーム京都TOP > ご宴会 > 宴会場ご利用についてのお願い

宴会場ご利用についてのお願い

利用規約

宴会または催し物(以下「宴会等」という)のご契約及び宴会場のご利用に関して、次のとおり定めておりますので、予めご了承ください。

1.宴会場利用時間と利用室料

  1. ご利用時間は午前9時から午後9時まで(会議室としてのご利用は、平日午前9時から午後5時まで)で、ご利用の際の準備と後片付けの時間を含む入・退出時間となっております。ご利用時間を超過した場合には超過料金を頂戴することとなります。尚、次の予約の関連で、ご利用時問の超過に応じられない場合もございますので予めご了承ください。

2.有料人数の確認

  1. 料理等を用意する人数(以下「有料人数」という)のご変更の場合には、宴会等(婚礼披露宴は除く)の開催日前日の午前中までにホテルの担当係員にご通知ください。それ以降は全て手配が完了しておりますので、宴会等の開催日当日の人数に 減少がございましても有料人数分の料金を頂戴いたします。ご予約後は、大まかな人数と料理内容を2週間前までに確定いただきホテルへご通知ください。また、10名以上の増減につきましては、一週間前までにご連絡ください。

3.内金

  1. 宴会等の予約のときに内金をお支払いいただく場合がございます。
    内金の金額は宴会等見積総額に基づいてホテルより提示させていただきます。
    内金総額を原則として宴会等のご利用予定日の10日前までに現金でお支払いいただきます。

4.精算

  1. (A)宴会等のご利用料金は、原則として当日お支払い又は精算いただきます。
    (B)前記以外の場合は、別途規定に基づき所定の手続きをしていただきます。

5.取消料金

  1. すでにご予約いただいている宴会・会議等を取り消される場合には、次の通り取消料を頂戴いたします。

    (A) 宴会・会議等の開催日の30日前までの取消
       見積額の10%相当額
    (B) 29日から7日前までの取消
       見積額の30%相当額
    (C) 6日前から前日までの取消
       見積額の50%相当額
    (D) 当日の取消
       見積額全額

6.直接ご依頼の業者に対する指示

  1. お客様が直接ホテルの指定する業者以外の業者に設営等依頼される場合は、宴会等を円滑に運営するため事前にホテルにご連絡いただき、ホテルの同意を得た上でご注文ください。その際の持込品の内容によっては持込料を頂戴する場合がございますのでご承知ください。また、宴会等に関する装飾・余興等の機材の搬入又は看板・掲示物の サイズ・その他取付けの方法・箇所につきましては、ホテルの美観・安全・衛生・動線面 等を踏まえた一定のルールのもとに実施していただくよう、ホテルがその業者の方々にご指示申し上げます。

7.損害賠償

  1. お客様(お客様側すべての関係者を含みます)及びお客様が直接依頼された業者の方が故意又は過失によりホテルの設備・什器備品等を破損された場合は、その損害について賠償の請求をさせていただきますので、予めご了承ください。

8.荷物又は携帯品の保管

  1. (A)お客様の荷物が事前にホテルに到着する場合は、その到着前にホテルが了承したものに限り、保管料相当を   お支払いいただいた上で保管し当日お渡しいたします。
    (B)お客様の貴重品はフロントにお預け願います。フロント以外において生じた減失・毀損等の損害につきまし   ては、ホテルの過失が認められない限り一切の責任を負いかねますのでご了承願います。

9.個人情報について

  1. お客様の個人情報とご来賓関係、宴会等で知り得た情報は、お客様の同意なくして第三者に開示・提供することはございません。

10.禁止事項

  1. 次に掲げる項目につきましてはホテルの許可なくして行うことを禁止しておりますのでご承知願います。
    (A)食品の持ち込み
    (B)盲導犬、介助犬以外のペット類の持込
    (C)発火又は引火性の物品等危険物の持込
    (D)悪臭を発するものの持込
    (E)カラオケ、楽器の演奏、また大音響を発するものの持込
    (F)賭博や風紀を乱すような行為、また他のお客様の迷惑になるような言動・行為
    (G)広告物の配布や物品の販売
    (H)会員の勧誘等の行為、また政治活動及び宗教活動等を行うこと、更に、宴会会場内をこれらの事務所とし   て使用する等の行為
    (I)宴会会場および周辺の備品等の移動・破損・汚損、また宴会場の造作・改造
    (J)展示工事を伴った、什器備品パネルを持ち込む展示会
    (K)使用目的以外の利用
    (L)その他法令で禁じられている行為

11.宴会等利用契約締結の拒否

  1. 当ホテルは次に揚げる場合において、宴会等の契約の締結に原則として応じないこととしております。
    (A)宴会場に出席する利用客の中に次に該当するものがいる場合
       (ア)暴力団、暴力団員、暴力団関係団体、その他反社会的勢力(以下「暴力団等」という)
       (イ)暴力団等が事業活動を支配する法人、その他団体
       (ウ)法人で、その役員のうちに暴力団等に該当するものがいるとき
       (工)法令又は、公序良俗に反する行為をする恐れがあると判断される者がいるとき
    (B)当ホテルの他の利用者に著しい迷惑を及ぼす言動をしたとき
    (C)当ホテルもしくはホテル職員に対し、暴力、脅迫、恐喝、威圧的な不当要求を行い、あるいは合理的範囲   を超える負担を要求したとき

12.ホテルからのご契約の取消

  1. 当ホテルは、次にあげる場合において、宴会等の契約を解除させていただくこととしております。前項11.の各内容に該当したとき。

前のページに戻る

ページトップへ戻る

INFORMATION

  和食/料理長紹介      洋食/料理長紹介      お米の原産地について    ご宴会の利用について

ホテルセントノーム京都スタッフブログ ホテルセントノーム京都フェイスブック ホテルセントノーム京都ツイッター 京都観光情報案内
  • Facebook