京都観光スポット情報
ホテルセントノーム京都TOP  > 京都観光情報 > 2018年3月の京都観光スポットおすすめ情報

2018年3月の京都観光スポットおすすめ情報

3月の京都観光スポット

弥生

弥生は、弥(いよいよ、ますます)と生(生い茂る)が合わさった「いやおい」から変化したと言われています。 草木が芽吹き生長してゆく時期にピッタリの語感ですね。桜の便りがちらほら聞かれるようになると、京都もいよいよ春の観光シーズンの到来です。皆様のお越しをお待ちしております。

3月1日〜 3月18日 2018年通年特別展 「大西郷展」 第1期「西郷隆盛と薩摩藩」倒幕から維新へ 霊山歴史館

大きな役割を果たした西郷隆盛の生涯を多くの資料でたどります。西郷を取り巻く坂本龍馬、新選組の資料も展示されます。

3月1日〜4月1日 春季展【お雛さま】 博物館さがの人形の家

公家雛・町雛・宮廷の雛など江戸期より現代までの珍しくて多種類の“お雛さま”を展示されます。

3月1日〜3月18日 第52回 京の冬の旅

平成30年(2018年)は、明治維新から150年の節目であり、大河ドラマで「西郷どん」が放映されます。
京都では西郷隆盛(薩摩)ゆかりの寺院などが特別公開されます。
 (初)常林寺  清水寺 成就院  (初)泉涌寺 舎利殿  (初)東福寺 禅堂・経蔵
 東福寺 即宗院  伏見稲荷大社 御茶屋  相国寺 法堂・方丈  (初)相国寺 豊光寺
 (初)相国寺 林光院  宝鏡寺(2/28まで)  (初)妙覺寺  妙心寺 三門
 妙心寺 東海庵  東寺 五重塔  (初)大黒寺

3月1日〜3月4日 ゴッホ展 巡りゆく日本の夢 京都国立近代美術館

ファン・ゴッホ(1853-1890)と日本の関係に焦点をあて、今もなお絶大な人気を誇るゴッホの魅力を紹介します。
午前9時30分〜午後5時、ただし金曜、土曜は午後8時まで開館*入館は閉館の30分前まで

3月1日〜3月4日 生誕60周年記念 くまのパディントンTM展 美術館「えき」KYOTO

子ぐまのパディントンが主人公の児童小説『パディントン』の60周年記念に、原画や書籍、映像などで世代、性別、国を越えて親しまれるパディントンの世界が紹介されます。
料金=一般:800円、高・大学生:600円、小・中学生:400円 10:00〜20:00 入館は閉館の30分前まで

3月1日〜5月27日 幻想と日常の間〜西谷祥子・おおやちき・波津彬子 京都国際マンガミュージアム

京都国際マンガミュージアムと京都精華大学国際マンガ研究センターの共同プロジェクトで、新しく作られた西谷祥子・おおやちき・波津彬子3名の原画を元にした原画’(ダッシュ)と、竹宮惠子の原画’(ダッシュ)が展示されます。
無料※ミュージアムへの入場料(大人800円中高生300円小学生100円)は別途必要です。

3月1日〜3月22日 梅が枝神楽 城南宮

梅の花を冠にさした巫女が、梅の枝を手に持ち神楽を舞います。(神楽殿 表舞台・観覧自由)
平日は10:00土・日・祝は10:00と15:00

3月1日 ひなまつり 宝鏡寺

本堂にて華やかにひなまつりが行なわれます。島原太夫と、和楽器等の演奏が奉納されます。 11:00〜11:30

3月1日〜4月3日 春の人形展 宝鏡寺

京人形を中心に各地でつくられた新旧名品の人形展示と、豪華な等身大の人形が出展されます。
10:00〜16:00閉門(受付15:30まで)大人600円 / 小中学生300円 ※20名以上団体割引あり

3月1日〜3月15日 梅の名所

梅の名所をピックアップしました。
京都御苑:広大な公園に20種約250本の白梅紅梅が咲き誇ります。見頃は2月中旬〜3月中旬
北野天満宮:例年2月初旬から公開され50種1500本の紅梅・白梅・一重・八重等の順に咲いていきます。見頃は2月下旬〜3月中旬
城南宮:城南宮の築山のひとつ「春の山」に紅・白のしだれ梅が約150本植えられています。見頃は2月下旬〜3月上旬
大豊神社:樹齢250〜300年の洛中一大きいしだれ紅梅が美しいと言われています。見頃は3月上旬〜3月中旬
上賀茂神社:見頃は2月中旬〜3月中旬

3月1日〜3月22日 しだれ梅と椿まつり 城南宮

北野天満宮とならんで京都の梅の名所とされる城南宮で、期間中時期に応じた美しい「しだれ梅」と「椿」を見ることができます。
9:00〜16:30(受付16:00終了)

3月3日 ひいなまつり 市比賣神社

大きなひな壇を作りその前で十二単の着付け実演に「ひと雛」が勢ぞろいされます。五人囃子の雅楽に合わせ、三人官女の舞が披露されます。又投扇興など平安貴族の優雅な遊びも紹介されます。

3月3日 桃花神事(上巳の祓) 貴船神社

ひな人形を飾り、桃の花や蓬餅をお供えして、女の子の成長と健康をお祝いする行事です。 11:00

3月3日 流し雛 下鴨神社

さんだわらに載せた雛人形を、みたらし川に流し子供たちの無病息災を祈る祭、甘酒の接待もあります。 10:00〜

3月3日 草餅御供祭(弥生祭) 八大神社

蓬を混ぜた団子をつき、菱形に切り揃え、五段重ねにして神前にお供えします。桃の節句を祝い、今年の五穀豊穣(豊作)と、氏子の安泰を祈る神事です。

3月3日 桃花神事 上賀茂神社

神前に桃花・辛夷(こぶし)の花や草餅等を供え、国家安寧と各位ご家庭の疫病や災いを祓い除く祈念する祭典です。 10:00

3月4日 梅・産祭 梅宮大社

古来より梅宮は「産宮」とも呼ばれ、農業、産業(特に酒造)、子宝、安産の御益で知られています。当日祈願を受けた方には「招福梅(梅干)」が授与されます。参拝者には神酒及び特製梅ジュースが無料接待されます。

3月4日 舞妓舞台 京都伝統産業ふれあい館

日本の美しさをまとった舞妓さんの、華やかな舞台をお楽しみいただけます。
料金 無料(予約不要) 第1部 14:00〜、第2部 14:30〜、第3部 15:00〜、(各回 約15分間)

3月5日 玄奘三蔵会 清水寺

玄奘三蔵法師の忌日法要が行われます。

3月9日〜3月18日 東山花灯路 東山地域

今年も北は青蓮院から円山公園、八坂神社を通って、南は清水寺までの東山散策路と周辺寺院、神社等において、路地行灯といけばな作品による演出が行われます。舞妓による奉納舞踊や火の用心・お囃子組などを見ることができます。 18:00〜21:30

3月30日〜4月8日 夜間特別拝観 清水寺

桜花の名所、清水寺の咲き乱れる桜が綺麗にライトアップされます。
午後6時〜 午後9時(受付終了)、拝観料 : 大人400円 小・中学生200円

3月9日 雨乞祭 貴船神社

農耕作業の始まる時節を前に、今年一年適量の雨を賜り、五穀が豊かに実りますようにと祈る神事です。 10:00

3月10日 芸能上達祈願祭 法輪寺

芸の上達を願って祈願法要が行われ、茂山忠三郎社中による狂言奉納があります。

3月11日 舞妓舞台 京都伝統産業ふれあい館

日本の美しさをまとった舞妓さんの、華やかな舞台をお楽しみいただけます。
料金 無料(予約不要)
第1部 14:00〜、第2部 14:30〜、第3部 15:00〜(各回 約15分間)

3月14日〜3月15日 青龍会 清水寺

清水寺には、観音さまの化身である龍が音羽の瀧に夜ごと飛来して水を飲むという伝承があります。青龍会では、長さ約18メートルの青龍を先頭に、荘厳な装束に身を包んだ一行が地域守護と除災を祈願して境内と門前町を巡行します。人々は観音さまの化身を見守りながら「南無観音」と唱和して、観音さまのご利益を願います。 14:00〜15:30

3月15 春祭 北野天満宮

五穀豊穣を大神様に祈願する、春祭(祈年祭)を斎行します。

3月17 岡崎フリーマーケット 岡崎公園

ごみの発生抑制・再使用を重視したまちづくりに寄与する取組の一つとして、「いらなくなったらいる人へ」をテーマに、フリーマーケットが開催されます。 10:00〜15:30 雨天振替 3/24(土)

3月18日 舞妓舞台 京都伝統産業ふれあい館

日本の美しさをまとった舞妓さんの、華やかな舞台をお楽しみいただけます。
料金 無料(予約不要) 第1部 14:00〜、第2部 14:30〜、第3部 15:00〜、(各回 約15分間)

3月18日〜3月24日 春季彼岸会 知恩院

知恩院の彼岸会法要では、法然上人御堂(集会堂)の内陣に、浄土宗で大切にしている『浄土三部経』の一つである『観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)』の世界を絵ときした「観経曼陀羅(かんぎょうまんだら)」が掲げられます。

3月20日〜5月20日 明治150年展 明治の日本画と工芸 国立近代美術館

明治時代に入ると、政府主導のもと殖産興業や輸出振興政策が推し進められ、海外での日本美術への関心が高まりました。政府は『温知図録』を制作するなど、国家戦略として工芸図案指導に力を注ぎました。
午前9時30分〜午後5時 ただし金曜、土曜は午後8時まで開館 *入館は閉館の30分前まで

3月21日 春季彼岸会 三千院

お彼岸は春分の日・秋分の日を中日(ちゅうにち)とし、前後の三日間を合わせた七日間をいいます。お中日(春分の日)に極楽浄土の世界を説いたお経を読み、私たちを育んでいただいたご先祖様のご恩を思い、ご回向させて頂く会が開かれます。

3月21日〜5月5日 好文亭 青蓮院門跡

毎年春と秋に特別拝観期間を設け、お茶室を一般公開します。特別拝観料1,000円(お点前は抹茶、または煎茶、菓子付)
※特別拝観料以外に従来の拝観料が必要です。拝観は土、日、祝の10:00〜15:30

3月21日 和泉式部を偲んで 誠心院

和泉式部の命日に当たる三月二十一日には本堂に於いて、午前十一時より式部所縁 の謡曲「東北(とうぼく)」「誓願寺(せいがんじ)」の奉納があります。午後一時からは 当院永代供養総供養を、また午後二時からは「開山和泉式部忌」と「春のお彼岸法要」を併せて勤めます。

3月24日〜3月25日 はねず踊り 隋心院

3月最終の日曜、隨心院。ちょうどはねず(うすべに色)の梅が咲くころ。小野小町・少将に扮した少女の踊りが、隨心院前庭の梅林に舞台を組んで、催されます。 拝観料 1,000円(3/25のみ)

※主催者の都合により、予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認お願いいたします。
※振る舞われるもののうち、無料と断ったものには数に限りがあります。またそれ以外は授与料等が必要です。

ホテルセントノーム京都 観光情報 / HOTEL CENTNOVUM KYOTO KYOTO SPOT

春夏秋冬、四季折々の風情を楽しめる京都は平安遷都以来、都として栄えてきました。地方から様々な特産品が集まり、 食文化、芸術や歴史を作り上げてきました。市内には、嵐山、清水寺、金閣寺、二条城、伏見稲荷大社、銀閣寺、龍安寺、東寺、延暦寺天龍寺、上賀茂神社、哲学の道、京都国立博物館、西芳寺、三十三間堂、仁和寺、大徳寺、桂離宮、知恩院、鞍馬山、妙心寺化野念仏寺、平等院、伏見城野宮神社などの観光スポットがございます。観光都市京都へおこしください。

ページトップへ戻る

MENU

  • Facebook