京都観光スポット情報
ホテルセントノーム京都TOP > 京都観光情報 > 2018年4月の京都観光スポットおすすめ情報

2018年4月の京都観光スポットおすすめ情報

4月の京都観光スポット

卯月

卯の花(ウツギの花)が咲く月で「卯月」というのが一般的だそうです。また「卯」は「初」、「産」に通じ、農耕民族にとっての一年の循環が始まる月であることか「卯月」と呼ぶとも。年度の始まり、学校でも社会でも新たな出発、新しい試みのスタートなど、実質的には正月より大きな節目の月ですね。京もいよいよ春爛漫、皆様のお越しをお待ちしております。

〜4/24 | 春のをどり2018

京都の春の風物詩、春のをどりは、上七軒「北野をどり」を皮切りに宮川町「京をどり」、祇園甲部「都をどり」と続けて開催されます。
・北野をどり  3月25日〜4月7日  上七軒歌舞練場
・京をどり   4月1日〜4月16日  宮川町歌舞練場
・都をどり   4月1日〜4月24日  京都芸術劇場 春秋座

4/1〜4/10 | さくら見物(4月上旬)  京都各所

4月上旬に見頃を迎えそうな所をご紹介いたします。
三千院、常照寺、府立植物園、清水寺、高台寺、円山公園、平安神宮、南禅寺、哲学の道、
山科毘沙門堂・山科疏水、二条城、京都御苑、平野神社、城南宮、龍安寺、嵐山、天龍寺、
大覚寺、勝持寺、善峯寺、向日神社、半木の道、長岡天満宮、山崎聖天
※実際の開花状況はホームページなどでご確認ください。
※場所により入園料、拝観料などが必要になります。

4/1 | 神弓祭 (古式弓執神事)  八大神社

「ふしゃさい」とも言われ、神前で弓を引き的を射る神事です。
八大神社は宮本武蔵と吉岡一門の決闘で有名な一乗下がり松のある神社です。

4/1 | さくら祭  大石神社

御神木「大石桜」満開のころ、境内にて『さくら祭』が催されます。
お琴の演奏の中、献茶式、お茶席のご奉仕が執り行われ、露店も出店されます。

〜4/8 | 夜間特別拝観  清水寺

清水寺から放たれる青い一筋の光は、観音さまの慈悲をあらわしています。
幻想的なその光は、古都の街並みを美しく照らします。
 3月30日〜4月8日(18:00〜21:00 受付終了)

4/1〜4/7 | 春季伽藍内の特別公開  法然院

中庭の三銘椿の他、境内の椿が見頃となります。
 9:30〜16:00
 文化財保存協力料500円

4/1〜4/15 | 花祭り内陣特別参拝  戒光寺

お釈迦様のお誕生日「花祭り」を記念して内陣に入って、御本尊「丈六釈迦如来像」(通称『丈六さん』)の足元からお参りいただくことができます。
 9:00〜17:00
 内陣特別参拝料/500円

〜4/1 | 春季展【お雛さま】  博物館さがの人形の家

公家雛・町雛・宮廷の雛など江戸期より現代までの珍しくて多種類の“お雛さま”が展示されます。

〜5/27日 | 幻想と日常の間〜西谷祥子・おおやちき・波津彬子  京都国際マンガミュージアム

京都国際マンガミュージアムと京都精華大学国際マンガ研究センターの共同プロジェクトで、新しく作られた西谷祥子・おおやちき・波津彬子3名の原画を元にした原画’(ダッシュ)と、竹宮惠子の原画’(ダッシュ)が展示されます。
 無料 ※ミュージアムへの入場料(大人800円/中高生300円/小学生100円)は別途必要です。

4/3〜 | 春の人形展  宝鏡寺

京人形を中心に各地でつくられた新旧名品の人形展示と、豪華な等身大の人形が出展されます。
 10:00〜16:00閉門(受付15:30まで)
 大人600円 / 小中学生300円(20名以上団体割引あり)

〜5/20 | 明治150年展 明治の日本画と工芸  国立近代美術館

明治時代に入ると、政府主導のもと殖産興業や輸出振興政策が推し進められ、海外での日本美術への関心が高まりました。政府は『温知図録』を制作するなど、国家戦略として工芸図案指導に力を注ぎました。
 9:30〜17:00(ただし金曜、土曜は20:00まで開館、入館は閉館の30分前まで)

〜5/5 | 好文亭  青蓮院門跡

毎年春と秋に特別拝観期間を設け、お茶室を一般公開します。
 拝観は土、日、祝の10:00〜15:30
 特別拝観料1,000円(お点前は抹茶、または煎茶、菓子付) ※特別拝観料以外に従来の拝観料が必要です。

4/3 | 青龍会  清水寺

長さ約18メートルの青龍を先頭に、荘厳な装束に身を包んだ一行が地域守護と除災を祈願して境内と門前町を巡行します。人々は「南無観音」と唱和して、観音さまのご利益を願います。 14:00〜

4/4 | 護王大祭  護王神社

明治天皇によって定められた例祭です。和気清麻呂公のご命日4月4日に、ご本殿前で祭典、京都御所建礼門前では「宇佐神託奏上ノ儀」が行われます。
 11:00〜

4/7〜5/20 | 特別展 池大雅 天衣無縫の旅の画家  京都国立博物館 平成知新館

大雅の初期から晩年にいたる代表作を一堂に集め、その画業の全体像が紹介されます。また、その人となりや幅広い交友関係を示す資料を通して、当時から愛された人間大雅の魅力も紹介されるそうです。
 9:30〜18:00(入館は17:30まで)
 料金 一般 1,500円、大学生 1,200円、高校生 900円

4/8 | 釈尊降誕会  三千院

観音堂において法要が行われ、お釈迦様がお生まれの日に甘露の雨が降り注いだことに由来し、誕生仏に甘茶をかけてお祝いします。
 9:00〜

4/8 | やすらい祭  今宮神社

京都3大奇祭の一つで、赤毛・黒毛の鬼たちが、笛や太鼓のお囃子(はやし)に合わせて、長い髪を振り乱しながら踊ります。「やすらい花や」の掛け声とともに、祭りの列が町を練り歩き人々の健康を祈る伝統のお祭です。
 12:00〜17:00

4/8 | 豊太閤花見行列  醍醐寺

慶長3年に行われた太閤秀吉観桜の様子を再現した行列が三宝院唐門を出て境内を練り歩きます。
 13:00〜15:00

4月中旬 | さくら見物(4月中旬)  京都各所

4月中旬に見頃を迎えそうな所をご紹介いたします。
鞍馬寺、比叡山、原谷苑、常照皇寺、平安神宮、仁和寺
実際の開花状況はホームページなどでご確認ください。
場所により入園料、拝観料などが必要になります。

〜5/5 | 山吹まつり  松尾大社

約3000株の山吹の花が境内や参道を彩ります。
 庭園「松風苑」は昭和の名作庭家、重森三玲氏の遺作です。
 庭園と神像館/500円 境内無料

4/10 | 桜花祭  平野神社

桜花祭は、花山天皇が後胤繁栄(こういんはんえい)を祈るため、平野神社へ行幸、臨時の勅祭を行われたことが起源と言われています。時代行列の巡行もあります。
 10:00  桜花祭
 12:00  神幸列発輿祭
 15:00頃 神幸列還幸祭

4/12 | 水口播種祭  伏見稲荷大社

稲種を苗代田におろすにあたり、稲荷大神様の御加護をいただいて、立派な稲の成長を祈願するお祭りです。 
 11:00

4/13 | ベルリン・フィルのメンバーによる室内楽 〜弦楽三重奏の夕べ〜
                          京都コンサートホール

・ベートーヴェン:弦楽三重奏曲 ハ短調op.9-3
・ドホナーニ:弦楽三重奏のためのセレナード ハ長調op.10
・モーツァルト:ディヴェルティメント 変ホ長調K.563
 料金 5,500円 全席指定 19:00開演

4/13 | 桓武天皇祭  平安神宮

ご祭神、第50代桓武天皇のご命日に当たり、治世の間のご偉業をお偲びして祭儀が斎行されます。
 10:00

4/15 | 文子天満宮祭  北野天満宮

北門すぐの文子天満宮の例祭です。菅原道真公を最初におまつりした多治比文子の屋敷跡である西ノ京の御旅所まで神輿が渡御します。
 神輿巡行は4月15日

4/15 | 例祭  平安神宮

ご祭神、桓武天皇をお偲びする祭事で、平安神宮の年中行事の中で、最も重要な祭事です。

4/17 | 神功皇后祭  石清水八幡宮

御祭神・神功皇后の命日、4月17日にちなんで斎行されます。一般の人も参列することが可能です。
 参列料:1,000円
 服装:礼を失しない服装でご参列ください。(ジャケット・ネクタイ着用またはそれに準じた服装)

4/18〜4/25 | 御忌大会(ぎょきだいえ)  知恩院

法然上人の命日を期して行われる忌日法要で、同院で一番大きく、かつ重要な法要です。

4/20 | 明祭  北野天満宮

ご祭神菅原道真公は、藤原氏の策謀により大宰府に流されましたが、その冤罪が晴れた4月20日にちなんで祭典が行われます。

4/21〜5/13 | つつじ・しゃくなげ園の公開  三室戸寺

つつじ2万株・シャクナゲ1千株が公開されます。つつじの規模は近畿では指折りのもので、紫・ピンク・白の花が見事に咲き誇ります。
 8:30〜16:30

4/21 | 弘法大師正御影供  今熊野観音寺

弘法大師のご命日の法要が行われます。

4/22 | 稲荷祭(神幸祭)  伏見稲荷大社

稲荷大神様が年に一度、産土地(うぶすなち)を御巡幸になり、広く御神徳を垂れ給う、大社で最も重要な意義深いお祭りです。
 11:00

4/28〜5/6 | 成就院庭園特別公開  清水寺

「月の庭」と称された、京都屈指の名庭。四季折々の表情をみせる高台寺山を借景とした庭園は別名「月の庭」と呼ばれ、京都を代表する名庭として知られています。夜空を渡る月が池面に映るさまは古くから人々を魅了し、その美しさが語り継がれてきました。縁側に座り、豊かな自然と融け合うこの庭園を観賞していると、まるで時の流れが止まったかのようです。
 9:00〜16:00(受付終了)

4/29 | 春期大祭  遍照寺

御宝前にて炉の中に火を燃やし、供物を献じて本尊(不動明王)様に供養します。災難、病難等様々の災厄の原因である悪業、悪因縁を本尊様の智慧の火によって焼き尽くし断ち切って頂く修法です。
 13:00〜
 護摩木:一支200円

4/29〜5/5 | 壬生狂言 春の公開  壬生寺

わが国でも珍しい仏教パントマイムで700年の歴史を持つ京の代表的民俗芸能です。30番の演目があり、毎日5番ずつ演じられます。
 13:00〜17:30

4/29 | 春祭(例大祭)  岩屋神社

神賑[湯立神事]や[火焚神事]などの行事が行われます。湯立神事では、大釜にお湯を沸かし、熊笹を用いた湯立神事が執り行われます。火焚神事では、氏子崇敬者より願いを篭めて奉納頂きました火焚串、祈祷木の焚き上げが行われれます。
 13:30〜

ホテルセントノーム京都 観光情報 / HOTEL CENTNOVUM KYOTO KYOTO SPOT

春夏秋冬、四季折々の風情を楽しめる京都は平安遷都以来、都として栄えてきました。地方から様々な特産品が集まり、 食文化、芸術や歴史を作り上げてきました。市内には、嵐山、清水寺、金閣寺、二条城、伏見稲荷大社、銀閣寺、龍安寺、東寺、延暦寺天龍寺、上賀茂神社、哲学の道、京都国立博物館、西芳寺、三十三間堂、仁和寺、大徳寺、桂離宮、知恩院、鞍馬山、妙心寺化野念仏寺、平等院、伏見城野宮神社などの観光スポットがございます。観光都市京都へおこしください。

前のページに戻る

ページトップへ戻る

MENU

  • Facebook