京都観光スポット情報
ホテルセントノーム京都TOP > 京都観光情報 > 7月の京都観光スポットおすすめ情報

2018年7月の京都観光スポットおすすめ情報

7月の京都観光スポット

文月

語源は、短冊に歌や字を書き、書道の上達を祈った七夕の行事にちなみ、「文披月(ふみひらきづき)」が転じたとされる説が有力とされています。 その他、陰暦の七月は稲穂が膨らむ月であるため、「穂含月(ほふみづき)」「含月(ふくみづき)」からの転じたとする説など、諸説あります。 携帯メールなどの便利なツールがあふれていますが、たまには手書きの文(ふみ)を送ってみるのも、新鮮で魅力的かもしれませんね。

〜11月15日 平成30年度井伊美術館特別展 井伊美術館

井伊x島津 関ヶ原開戦のきっかけとなった井伊直政の島津義弘への先制攻撃、 そして戦線離脱する島津軍への井伊の追撃、幕末、大老井伊直弼の改革の前に立ちふさがる島津斉彬、 因縁の井伊と島津の対決を、両藩の宝物によって展示します。(事前にTEL要)

〜22日 生誕150年 横山大観展 国立近代美術館

横山大観(1868-1958)の生誕150年、没後60年を記念し、回顧展を開催します。本展では、《生々流転》(重要文化財、会期中巻き替えあり)や《夜桜》《紅葉》(いずれも展示期間は7月1日まで)をはじめとする代表作に、新出作品や習作などの資料をあわせて展示します。 9:30〜17:00(入館は閉館30分前まで)

1日〜7日 愛車の茅の輪くぐり 城南宮

お祓いを受け、直径5メートル近い大型の「茅の輪」を自動車ごとくぐり抜けて半年間の交通安全を祈願します。観光バスも通り抜けが可能です。 9:00〜16:00

1日〜15日 風祭り 千本ゑんま堂

涼しげな音色で涼を運ぶ風鈴を飾り、夕涼みを楽しむ催しです。ゑんま法王がライトアップされ、梶の葉祈願や香を楽しむ会が行われます。最終日は古くなった風鈴を法要する「風鈴供養会」が行われます。

1日〜31日 祇園祭 烏丸御池〜四条烏丸、八坂神社

7/1の吉符入からスタートし、宵山、山鉾巡行等の各種の行事が、7/31の疫神社夏越祭まで続きます。 山鉾巡行は前祭、後祭の2回に分けて行われます。詳細はこちら http://www.gionmatsuri.jp/ をご覧ください。

〜9月30日 『川床』京都の夏、川辺の涼を楽しむ 貴船、高雄、鴨川

京の夏、清流のせせらぎを感じながら、おいしい料理と涼を楽しむ、京都の夏の風物詩『川床』です。
・貴船:京の奥座敷「貴船」のさわやかな空気と新緑に
    包まれ京の夏の情緒を満喫できます。
・高雄:高雄の清流と渓谷に囲まれ、豊かな自然を感じ
    ながら京料理を堪能できます。
    6月上旬〜7月上旬まで、ホタルが目の前に飛んで
    来ることで有名です。
・鴨川:遠くに見える山や鴨川を眺め、情緒や風情を感じ
    ながらお食事を楽しめます。
・木屋町:昔ながらのゆかしい京情緒とともに
     とっておきの味わいをお楽しみください。

ホテルセントノーム京都では川床宿泊プランをご用意しております。

7日 恋愛成就 七夕祭 地主神社

七夕笹に対のこけしを付けて吊るす恋愛成就を願う祭典が行われます。

9日 貴船の水まつり 貴船神社

古来の雨乞神事に由来し、降雨、晴天の恵みを願う祭です。献茶式の後、舞楽が奉納され、生間流家元の式包丁の儀式が行なわれます。お茶席(有料)も用意されています。

9日〜12日 陶器供養会 千本釈迦堂

日常生活に身近な陶器に感謝して供養を行います。期間中は陶器市が開かれます。

10日〜14日 祇園祭 前祭 山鉾建て 各山鉾町

前祭の山鉾が収蔵庫から出されて組み立てられます。

13日 ハス酒を楽しむ会 三室戸寺

蓮の葉に酒を注ぎ、茎より飲みます。健康・長寿に効ありと伝えられています。 先着300名 有料500円" 9:00〜12:00

14日〜16日 祇園祭 前祭 宵山 各山鉾町

各山鉾に提灯が灯され祇園囃子が奏でられます。15日、16日には四条通・烏丸通が歩行者天国になり、露店も沢山出てにぎわいます。

15日 御田祭(おんださい) 松尾大社

3人の植女が早稲、中稲、晩稲を手に荘夫の肩に乗り境内を3周します。神前には夏野菜が添えられ、謡曲の奉納もあります。

17日 祇園祭 前祭 巡行 四条烏丸〜四条河原町〜河原町御池〜新町御池

23基の山鉾が四条烏丸から新町御池へ巡行します。 9:00〜11:20

18日〜21日 祇園祭 後祭 山鉾建て 各山鉾町

後祭の山鉾が組み立てられます。

20日 お涼み神楽 城南宮

夕涼みを兼ねて宮参りする風習から始まりました。供えられた氷柱を撫でて、無病息災をお祈りします。 18:00〜20:30

21日〜22日 本宮祭 伏見稲荷大社

稲荷大神をまつる全国の崇敬者が参拝し、日頃のご神恩に感謝する大祭です。 多数の灯籠や提灯が灯され、提灯で形どった大鳥居が夜空に浮かび、境内が幻想的な雰囲気に包まれます。
宵宮祭 21日 18:00〜21:00、 本宮祭 22日 9:00〜21:00

21日〜23日 祇園祭 後祭 宵山 各山鉾町

後祭の宵山は落ち着いていて、前祭とは一風違った風情を楽しむことができます。

24日 祇園祭 後祭 巡行 烏丸御池〜河原町御池〜四条河原町〜四条烏丸

10基の山鉾が烏丸御池から四条烏丸へ巡行します。 9:30〜11:20

24日 祇園祭 花傘巡行 八坂神社〜四条寺町〜寺町御池〜河原町御池〜四条河原町〜八坂神社

京都花街のきれいどころの踊や子供神輿など総勢千人の行列がつづきます。 八坂神社出発10:00〜八坂神社到着12:00

25日 鹿ヶ谷カボチャ供養 安楽寺

夏の土用に鹿ケ谷カボチャを食すれば中風にかからぬとの言い伝えから、参拝者にカボチャがふるまわれます。当日は寺宝も一般公開されます。(拝観料:500円) 9:00〜15:00(入山)

28日 狸谷山火渡り祭 狸谷山不動院

難病退散、夏バテ防止、ストレス解消を祈願して、柴灯護摩終了後、お護摩の残り火の上を素足で渡る「火渡り行」が実施されます。参加は無料です。 19:00〜

ホテルセントノーム京都 観光情報 / HOTEL CENTNOVUM KYOTO KYOTO SPOT

春夏秋冬、四季折々の風情を楽しめる京都は平安遷都以来、都として栄えてきました。地方から様々な特産品が集まり、 食文化、芸術や歴史を作り上げてきました。市内には、嵐山、清水寺、金閣寺、二条城、伏見稲荷大社、銀閣寺、龍安寺、東寺、延暦寺天龍寺、上賀茂神社、哲学の道、京都国立博物館、西芳寺、三十三間堂、仁和寺、大徳寺、桂離宮、知恩院、鞍馬山、妙心寺化野念仏寺、平等院、伏見城野宮神社などの観光スポットがございます。観光都市京都へおこしください。

前のページに戻る

ページトップへ戻る

MENU

  • Facebook